二酸化炭素の削減について : 株式会社むげん エネルギー事業部 むげんエナジー

バイオディーゼル燃料と軽油の二酸化炭素排出量の比較

070406_03.jpg

BDF(バイオディーゼル燃料)を使用したときに発生するCO2は

植物油の原料である菜種や大豆などの植物が成長過程において

光合成により吸収したCO2が考慮される為(カーボンニュートラル)

ライフサイクルで見るとCO2を増加させておらず、

新たな発生量としてカウントされません。


つまり、実質ゼロカウントとなり、CO2の抑制効果に繋がります。


軽油を使用した場合のCO2排出量は、1リットルあたり2.58kg(軽油 2.58kg - CO2 / L)ですので、 

BDF(バイオディーゼル)年間使用量:100L×365日=36,500L

CO2削減量:2.58kg×36,500L=94,170 kgCO2=94tCO2

CO2削減量:年間約 94t


1日100LのBDF(バイオディーゼル燃料)を
使用した場合
年間約94tの二酸化炭素が削減できます。

2051756510_c0138daf6e1.jpg