バイオディーゼル使用説明書 : 株式会社むげん エネルギー事業部 むげんエナジー

バイオディーゼル燃料使用説明書

バイオディーゼル燃料を使用する際には、下記に示す燃料の注意事項・特性を十分にご理解の上、ご使用ください。

【燃料フィルター】

燃料タンクや燃料フィルター内に今まで蓄積された汚れやサビ、水分がありますと燃料フィルターを詰まらせる原因となります。

燃料を軽油からバイオディーゼル燃料に切り替える際には、はじめに燃料フィルターについて《水抜き》を行い確認をして下さい。
バイオディーゼル燃料は、性質は軽油と類似しておりますが成分が違う為に燃料タンク等の燃料系統部に沈着していた(汚れ)を取る作用を持っています。

その為、使用後早期の段階ではその(汚れ)が燃料フィルターを詰まらせる可能性があります。万が一、下記の様な症状がある場合は速やかに交換をして下さい。

① セルモーターは回るのに、エンジンがかからない。

② アイドリング時のエンジン回転数が安定しない(エンストしてしまう)

③ アクセルを踏んでもエンジンの回転数が上がらない。

燃料タンク内の結露等の発生により、燃料フィルターについて目詰まりが10,000㎞程度の頻度で生じる可能性があります。(頻度は車輌の種類・使用年月・使用環境等により異なります。)運行前点検・定期的な水抜き・交換を行って下さい。

【燃料ホース】

燃料系のホース等のゴム製品は材質や経過年数により異なりますが、膨潤する(ふやける)可能性があります。燃料パイプなどは定期点検や車検時に必ず点検する様にして、定期的にチェックして下さい。

【農業用機械などへの使用】

バイオディーゼル燃料は天然由来の植物油を主原料として製造されている燃料なので、生分解性がある半面、軽油と比較すると空気に触れる事により酸化を受けやすい性質があります。酸化した燃料を使用しますと燃料フィルターを詰まらせる可能性がありますので、3ヶ月以上稼働させない場合は、稼働を停止する前の給油時に軽油を給油して下さい。また、3ヶ月以内であっても冬季間の場合は同様にして下さい。

【その他】

バイオディーゼル燃料が給油時にボディー、タンク等に付着した時は直ちに吹取って下さい。そのまま放置しますと塗装等が傷む可能性があります。