廃油回収

廃食用油とは

廃食用油とは、食品加工や外食産業などの調理現場で揚げ物などに使用された食用油のことです。もちろんご家庭で使用された食用油も、使わなくなったら廃食用油です。実は、こうした食用油の処理は、意外に困るものです。だからと言って、そのまま排水と一緒に流して捨ててしまうのは言語道断です。直接、水質汚濁の原因となり、多くの公害や環境破壊を招いたことは多くの方がご存知のことと思います。 
現在では法律によって適正な処理が義務付けられるようになりました。産業廃棄物処理法という法律によって義務付けられているため、コストをかけて処理業者に委託しているところがほとんどです。

廃食用油のリサイクル

廃棄物処理法の規定では、産業廃棄物として廃食用油を処理すると処理業者に依頼しなければならず、その際、多大なコストを伴います。しかし、廃食用油を資源として活用するために引き取る場合には、廃棄物ではなく何かを作るための原料として取り扱われるため、規制対象ではなくなります。これを有価物というのですが、簡単に言えば、ゴミとして捨てようと思っているものに対して『有効利用したいので譲って欲しい』という人が現れるようなものです。ゴミとして捨てるには処理費用が必要でも、欲しいと言っている人に譲るのであればお金はかかりません。 
弊社では廃食用油の100%リサイクルを実施しております。
リサイクルされた廃食用油は弊社の発電所の燃料として利用しており、私たちの暮らしに役立つモノとして生まれ変わります。

廃油の回収について

食品加工や飲食店などの現場から大量に排出される廃食用油。これを産業廃棄物として処理するには、処理業者に対して多大な処理費用がかかります。法律で定められているため、重いコスト負担に悩みながらも、処理費用を支払い続けています。この状況は、大多数の事業所で現在も続いています。
そんな事業所の皆様に、ぜひご検討をいただきたいのが廃食用油回収です。これまでは、廃棄物でしかなく“お荷物”という存在であった廃食用油が資源という有価物として取り扱われるため、存在価値が大きく変わります。費用を支払ってまで処理していたものが、買い取りによって処理できるようになるため、大幅なコスト削減効果が期待できます。 
回収の際には、直接お伺いし、回収いたします。